技報第14号
64/88

PCaPC細柱と桁梁付きPC合成床版の施工 -東北大学(青葉山3)総合研究棟(農学系)新営工事 南棟- 東京建築支店 PC建築部(東北支店駐在) 南和昭 東京建築支店 PC建築部(東北支店駐在) 押方友野 東京建築支店 建築設計部(東北支店駐在) 江口尚之 1.はじめに 仙台市の西方,青葉山丘陵に位置する東北大学の青葉山新キャンパスは,約81haの広大な敷地を有しており,近年は大学関連の建造物が次々に竣工し賑わいを見せている.本物件は,そのキャンパス群の一角を担う農学系の総合研究棟である.キャンパス全体は伝統的に統一性のあるデザインが重要視されており,外壁面のデザインコードである縦方向を基調とした要素に対する実現性からプレキャスト・プレストレストコンクリート(以下PCaPC)工法が採用された. 本工事では,南面のPCaPC細柱がR形状に並んで配置されるため,架設時に十分な施工精度を要した. 本稿では,その総合研究棟(南棟)を構成するPCaPC細柱, PC合成床版,頂部PCa庇版の施工について報告する. 建物外観を写真-1,2に示す. 写真-1 南棟外観(南面) 写真-2 南棟外観(西面) 2.建築概要 2.1 建築概要 工事名称 :東北大学(青葉山3)総合研究棟(農学系)新営工事 発 注 者 :国立大学法人 東北大学 設計監理 :国立大学法人 東北大学 施設部 建築施工 :西松建設株式会社 北日本支社 PC施工 :株式会社 ピーエス三菱 東北支店 構 造 :鉄筋コンクリート造 一部PCaPC造 規模 :地上5階 建築面積 :7,013.43m2 延床面積:27,132.84m2 全体工事 :平成26年3月26日~平成28年10月31日 PC工事 :平成26年10月~平成27年12月 2.2 構造概要 本建物の構造種別は,基礎構造が鉄筋コンクリート(以下RC)造,上部構造がRC造一部PCaPC造で,架構形式はXY方向共に耐震壁付きラーメン構造である. 図-1に標準階の伏図,図-2にPCaPC造の断面図を示す. 図-1 伏図 図-2 PCaPC造の断面図 Y15Y16Y14Y13Y12Y11Y8Y10Y9Y7Y6U6U7U8U3U4U5R2R3R1U1U2X1bX2bX4bX3bX5bX6bNY17Y16aPCaPC細柱PC合成床版22,3006,4006,4006,4006,4006,4006,4006,4006,4003,20067,9004,1006,0004,0006,2002,0002,7507,2009,9502,70010,8003,4007,400場所打ちRC部PCaPC細柱PC合成床版PC合成床版場所打ちRC部PCaPC細柱R1R1R3R2R3R2▼1FL▼GL▼2FL▼3FL▼4FL▼5FL▼RFL4,0001,7004,0004,0004,0002,5003,3004,0001,7004,0004,0004,0002,5003,300PCaPC細柱場所打ちRC部PC合成床版PCaPC細柱場所打ちRC部PC合成床版PCaPC細柱PC合成床版56

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です