技報第14号
85/88

写真-4 PCIシンポジウム発表状況 図-1半断面床版取替工法(3DCG) 3.ダブルアーチ橋 ナッシュビルからテネシーハイウェイ96号を南下し,国立公園内のバードソング窪地にアーチ橋が見える.この橋は1994年竣工のオールプレキャストで製作された「ダブルアーチ橋」(写真-5,6)で,1995年に優秀デザイン大統領賞を受賞. 国立公園内に架橋されることから, 橋脚数の制限がありダブルのアーチ構造としたものだ. 位置図を図-2に示す.橋長502m,谷からの高さ47.2m,アーチ部と上部工および鉛直橋脚との接合は支承構造,橋面はコンクリート舗装であった. 図-2ダブルアーチ橋位置図 写真-5,6 ダブルアーチ橋 4.ナッシュビル近郊の橋梁 写真-7は,ゲイロードオ―プリーランドホテルから3kmほどの,カンパーランド川を渡る橋梁である.上り線が鋼桁橋,下り線がPCI桁橋である.橋脚がとてもスレンダーであり,地震が少ない地域ならではの印象を受けた. 写真-7ナッシュビル近郊の橋梁(下り線) 5.おわりに 今回の発表で御一緒させていただいた皆様およびこのような貴重な発表の機会を与えていただいた関係各位の皆様に感謝を申し上げる次第である. Key Words:PCI Convention,Japan Session 大柳修一 ダブルアーチ橋 ナッシュビル国際空港 ゲイロードオープリーホテル技報 第14号(2016年)77

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です