ページの先頭です
ヘッダーのはじまりです
  • ENGLISH
  • お知らせ一覧
  • サイトマップ
  • 文字サイズ「小」
  • 文字サイズ「中」
  • 文字サイズ「大」


本文のはじまりです

土木技術

環境負荷低減

工法の名称工法の概要リーフレット
高炉スラグコンクリート
高炉スラグコンクリート
高炉スラグ微粉末とは、製鉄所で副産される高炉水砕スラグを微粉砕したものです。高炉スラグコンクリートは、ポルトランドセメントに対して単位セメント量の50%を高炉スラグ微粉末で置換したコンクリートであり、塩害抵抗性の向上のほか、材料起源によるCO2排出量が通常のコンクリートに比べて約40%削減できるため、環境負荷の低減が可能になります。

高炉スラグ
コンクリート

フライアッシュコンクリート
フライアッシュコンクリート
フライアッシュとは、石炭火力発電所にて副産される球形微細粒子です。フライアッシュコンクリートは、ポルトランドセメントに対して単位セメント量の15~20%をフライアッシュで置換したコンクリートであり、塩害やアルカリ骨材反応に対する耐久性を向上させることができます。フライアッシュを再生資源として有効活用することで環境負荷の低減が可能となります。

フライアッシュ
コンクリート

銅スラグコンクリート
銅スラグコンクリート
近年、良質な天然骨材の減少への対応や資源の有効活用の観点から、銅の製錬時に副産される銅スラグをコンクリート用の細骨材として利用したものが銅スラグコンクリートです。銅スラグコンクリートは環境負荷低減や循環型社会の構築に寄与する環境配慮型コンクリートであり、積極的な利用を進めています。

銅スラグ
コンクリート

本文のおわりです


技術紹介
  • 土木技術
  • 橋梁上部工
  • 橋梁下部工
  • 海洋・港湾
  • 舗装
  • 防災
  • 容器
  • 基礎
  • 地下
  • 環境
  • その他
  • 建築技術
  • メンテナンス技術
  • 技術研究所
  • PCとは?
  • 技報
  • 3Dギャラリー
  • PROJECT REPORT
  • 作業所ホームページ

技術本部へのお問い合わせ

関連コンテンツ

  • 個人情報保護方針
  • サイトのご利用にあたって