ページの先頭です
ヘッダーのはじまりです
  • ENGLISH
  • お知らせ一覧
  • サイトマップ
  • 文字サイズ「小」
  • 文字サイズ「中」
  • 文字サイズ「大」


本文のはじまりです

メンテナンス技術

建築分野

建物のリニューアル技術は、建物の長期的な有効活用と安心して利用できる建物空間の維持のために必須の技術であり、かつこれからの循環型社会に対応できる建物とするうえで重要な技術となっています。
リニューアルの対象は構造、仕上げおよび設備など多岐にわたり、建物の老朽化や設備機能低下等の診断を行い、維持管理費の抑制(ライフサイクルコスト縮減)、環境負荷低減(省エネルギー化)の視点から最適な改修方法を提案します。また建物をより市場ニーズの高い用途に転換(コンバージョン)することも提案します。

劣化診断と補修・更新

老朽化した建物や機能低下した設備機器に対して、図面による検討やコンクリートのひび割れ調査、外装材の剥離調査、防水材の調査、設備機器等の調査を行い、劣化回復のための最適な改修方法や快適性、機能性の向上のための設備機器の更新を提案します。

<診断・補修の流れ>

<調査状況> ひび割れ調査

<調査状況> タイル浮き調査

<調査状況> 赤外線による外装材剥離調査

<調査状況> 防水劣化調査

<調査状況> 設備機器の劣化調査

耐震改修

耐震診断に基づき最適な耐震補強計画・設計を行ったうえで改修工事を実施します。
耐震診断では、建物状況調査(図面照合、建物劣化調査など)や躯体状況調査(鉄筋調査、コンクリート圧縮強度試験など)を行い、既存の建物の耐震性を診断します。耐震診断の結果、耐震性に問題がある場合は、耐震性能を向上させるための補強設計を行い、耐震改修を実施します。
耐震改修は、既存建物の特性に則した最善の方法を所有者・使用者と協議して選定します。
1981年(昭和56年)以前に設計されて建てられた建物が耐震診断、耐震改修の対象となります。

<調査試験状況> 鉄筋調査

<調査試験状況> コンクリート圧縮強度試験

<補強例> 炭素繊維シートによる柱の補強

<補強例> ブレースによる補強

コンバージョン

コンバージョン技術とは、建物の運用性を高めることを目的として、既存の建物用途を市場ニーズの高い用途に転換する手法です。当社は、コンバージョンの改修計画から設計、施工まで一貫して対応します。
例として、オフィスビルをマンションに、マンションをホテルに、学校や企業保有の建物を文化・コミュニティ施設に転換するなどがあります。

倉庫から事務所へコンバージョン

高齢者デイケア施設から産科診療所へコンバージョン

工場から事務所へコンバージョン

本文のおわりです


技術紹介
  • 土木技術
  • 建築技術
  • メンテナンス技術
  • 土木分野
  • 建築分野
  • 技術研究所
  • PCとは
  • 技報
  • 3Dギャラリー
  • PROJECT REPORT
  • 作業所ホームページ

技術本部へのお問い合わせ

関連コンテンツ

  • 個人情報保護方針
  • サイトのご利用にあたって