• PS三菱 技術研究所TOP
  • 技術研究所TOP
  • ご紹介
  • 研究開発
  • 研究施設
  • 屋外展示
  • アクセス
技術本部へのお問い合わせ
ご紹介

PC技術先駆者としての誇りと新技術への飽くなきチェレンジ

ピーエス三菱は、1952年に日本で最初のPC(プレストレストコンクリート)橋を施工して以来、PC技術のリーディングカンパニーとして多くの技術を開発し、国内の良質な社会資本整備に貢献してきました。
技術研究所では、ピーエス三菱が今後も引き続き、建設事業を通じて社会に貢献できるよう未来につながる独創的な技術を追求しています。

ピーエス三菱が開発した主な技術
技術最初の実績完成年備考
プレテンションPC桁橋長生橋1952国内初のPC橋
ポストテンションPC桁橋(支間30m以上)第1大戸川橋梁1954 
プレキャストセグメント張出し架設工法神島大橋1970 
上路式吊床版橋速日峰橋1977 
リフトアップ工法羽田空港1984 
合成アーチ巻立て工法(CLCA)城址橋1989 
波形鋼板ウェブ橋新開橋1993 
電気防食(チタングリッド方式)大井埠頭2号桟橋1993 
PCコンファインド工法豊川橋1997 
ハイブリッドPC斜張橋なぎさ・ブリッジ2002 
PCウェル(PPRC工法)新六斗橋2002 
コルティー工法(波形鋼板ウェブT桁)曽宇川橋2005 
H型PC杭大草道路改良工事2004 
ダックスビーム工法豆飼橋2006 
技術研究所の沿革
1952年 ピー・エス・コンクリート(株)設立  
  1960年 新菱建設(株)設立
1968年 本社技術研究室設置  
  1969年 三菱建設(株)に社名変更
  
 1971年 技術研究室設置
  
1988年 大宮技術研究所開設
(三菱マテリアル社セメント研究所内)
 1988年 大宮技術研究所開設
(三菱マテリアル社セメント研究所内)
   
1991年 (株)ピー・エスに社名変更 
  
2000年 大宮技術研究所移転(大塚本社内) 
  2001年 技術研究所移転(白岡町)
2002年3月 技術研究所開設(小田原市)  
  
2002年10月 (株)ピーエス三菱発足に伴い技術研究所統合