• PS三菱 技術研究所TOP
  • 技術研究所TOP
  • ご紹介
  • 研究開発
  • 研究施設
  • 屋外展示
  • アクセス
技術本部へのお問い合わせ
研究開発

ピーエス三菱技術研究所ではおもに、コンクリート材料分野、建築技術分野および環境技術分野の研究開発を行っています。

エコチューブ工法(袋詰脱水処理工法)

高含水比建設発生土をジオテキスタイル製透水袋に充填し、脱水を促進して土工材料として利用する土質改良技術です。
軟弱地盤上や搬入路の制限のある場所での作業性が向上するほか、化学的固化材を使用しないため、排出水処理をすることなく、処理土の良好な植生が期待できます。
また、汚染物質が土粒子に付着しやすい性質を利用して、ダイオキシン類汚染泥土や放射性物質汚染泥土の封じ込め・減容化施工が出来ます。
また、当社は独自施工設備SPADシステム(Slurry Pack and Decrease System.)で施工対応しています。

施工状況

施工状況

システム概要図

システム概要図

もどる