ページの先頭です
ヘッダーのはじまりです
  • ENGLISH
  • 新着情報一覧
  • サイトマップ
  • 文字サイズ「小」
  • 文字サイズ「中」
  • 文字サイズ「大」


本文のはじまりです

環境部門

現在もなお、深刻さを増しつつある環境汚染問題。
工場等の生産施設を稼働している土地の汚染が発覚した場合、生産活動を停止して土壌改善を施すことは、企業にとって大きな損失と莫大な費用を要します。
そこで、当社の浄化技術は、生産ラインを稼働させたままで土壌・地下水汚染を修復できる無理のないシステムを実現。
確かな調査、解析、修復テクノロジーで「環境と生産の共存」を目指しています。
浄化事業については、調査~解析~修復までの一貫システムを金属精錬(鉱石から鉱物を抽出)・セメント製造会社である三菱マテリアルグループと共に構築しています。

Ⅰ.土壌・地下水浄化検討および対策

○工場閉鎖に伴う汚染土壌対策工事(指定区域の解除)

Ⅱ.焼却炉解体

○焼却施設の解体処理技術:DiTs(焼却施設解体トータルマネジメントシステム)

Ⅲ.三菱マテリアルグループ保有技術

○重金属汚染水処理:グリーンラスト/フェライト循環処理法

土壌汚染対策法に基づき土壌環境調査を実施し、基準に適合しない汚染が認められ指定区域として指定された土地の浄化及び指定区域の解除を行いました。

ダイオキシン類にて汚染された焼却炉解体工事です。

ダイオキシン類に汚染された付着物を除去した後、煙突を解体した工事です。

土壌・地下水環境展に三菱マテリアルグループとして共同出展しています。

複数の重金属元素を含んだ汚染水を同時に処理できる技術です。

本文のおわりです


会社情報
  • ごあいさつ
  • 経営理念
  • 役員一覧
  • コーポレートガバナンス
  • 会社概要
  • 事業紹介
  • 土木部門
  • 建築部門
  • 海外部門
  • 工場部門
  • 技術開発部門
  • メンテナンス部門
  • エネルギー部門
  • 環境部門
  • ネットワーク(拠点一覧)
  • 沿革
  • 採用情報
  • 関連会社
関連コンテンツ

  • 個人情報保護方針
  • サイトのご利用にあたって