古谷雅和 2010年入社 東京支店土木工事部 土木工事グループ

  • 先輩メッセージ
  • ぶっちゃけ!?動画

仕事について

現場の測量や躯体の型枠の検測、鉄筋の配筋検査などの測量・検測関係の仕事と、現場で使用する資材を注文する仕事、あとは協力会社の作業員が安全に作業できるように、ヘルメットや安全帯を使用しているかチェックしたり、開口部など現場の危険箇所に注意喚起を促がす表示をする仕事をしています。

やりがいを感じるとき

スケールの大きい、地図に残るような仕事なんですが、実際に自分たちが現場でしている仕事は、許容値がプラスマイナス5ミリメートルという"ミリメートルの世界"で仕事をしています。そのミリメートルの積み重ねで地図に載るような大きい構造物ができているという、この世界がとても魅力です!

学生の皆さんへメッセージ

就職活動をしているその時期は、自身の人生の中でもターニングポイントであり、今後の人生がこの就職活動で決まってくるといっても過言ではないので、自分自身何がしたいのか、何ができるのかをじっくり考えて、悔いのない就職活動にしてください!

ぶっちゃけ!?先輩からの一言

音声が出ますのでご注意ください

ある日のスケジュール

7:00 朝食をとりながら作業確認 8:00 朝礼 8:30 PC鋼材の入る位置出し 10:30 鉄筋検査の事前確認 12:00 昼食 13:00 協力会社と打合せ 14:00 鉄筋検査 15:30 PC鋼材挿入・確認 17:00 事務所で内業、退社

先輩社員紹介 土佐次郎 1998年入社

入社6年間は広島支店工事グループ所属で、橋梁新設工事に携わりました。7年目に東京支店工事グループに転勤し3年、その後工務グループに職場変更して今に至っています。現場での思い出は、世界第3位の中央支間長250mを有する《江島大橋》(島根県~鳥取県に跨る橋梁)の工事に関われたことです。今はなかなか渡りには行けませんが、ネットで時々見惚れています。このようなビックプロジェクトに関われるのは当社の大きな魅力ですよ。