ページの先頭です
ヘッダーのはじまりです
  • ENGLISH
  • お知らせ一覧
  • サイトマップ
  • 文字サイズ「小」
  • 文字サイズ「中」
  • 文字サイズ「大」


本文のはじまりです

実績紹介:受賞作品集

  • 一覧へ戻る
  • お問い合わせ

ダックスポール(高強度繊維補強モルタルを使用した塔状構造物)

受賞
2006年
PC技術協会賞 技術開発部門2006年<br />PC技術協会賞 技術開発部門
施工場所福岡県久留米市
竣工2006年
諸元高さ:40.0m
基部径:1.167 m
頂部径:0.500 m
部材厚(平均):0.173m
PC鋼材:PC鋼棒φ26mm(SBPR930 / 1180)
形式設計強度120N/mm2の高強度繊維補強モルタルを使用した塔状構造物(携帯電話通信アンテナ塔)

これは、設計基準強度が120N/mm2の高強度繊維補強モルタル(ダックスモルタル)を用いた塔状構造物(ダックスポール)として、福岡県久留米市に建設された、高さ40mの携帯電話アンテナ塔です。
ダックスモルタルは、通常のコンクリートに比べて硬化体の組織が緻密であることから、飛来塩分が多い地域など高い耐久性が要求される環境下において、ライフサイクルコストの低減が期待できる材料です。
高強度・高耐久の材料を用いたダックスポールは、鋼製の塔と比較して、同程度のスレンダーな形状を実現でき、耐久性・景観性・経済性の向上が期待できます。

  • 概要これは、設計基準強度が120N/mm<sup>2</sup>の高強度繊維補強モルタル(ダックスモルタル)を用いた塔状構造物(ダックスポール)として、福岡県久留米市に建設された、高さ40mの携帯電話アンテナ塔です。<br/>ダックスモルタルは、通常のコンクリートに比べて硬化体の組織が緻密であることから、飛来塩分が多い地域など高い耐久性が要求される環境下において、ライフサイクルコストの低減が期待できる材料です。<br/>高強度・高耐久の材料を用いたダックスポールは、鋼製の塔と比較して、同程度のスレンダーな形状を実現でき、耐久性・景観性・経済性の向上が期待できます。
  • 特徴

その他の実績

本文のおわりです


  • 個人情報保護方針
  • サイトのご利用にあたって