ページの先頭です
ヘッダーのはじまりです
  • ENGLISH
  • お知らせ一覧
  • サイトマップ
  • 文字サイズ「小」
  • 文字サイズ「中」
  • 文字サイズ「大」


本文のはじまりです

実績紹介:受賞作品集

  • 一覧へ戻る
  • お問い合わせ

曽宇川橋(プレテンション方式波形鋼板ウェブPCT桁橋)

受賞
2004年
PC技術協会賞 技術開発部門2004年<br />PC技術協会賞 技術開発部門
施工場所石川県加賀市
竣工2004年
発注者石川県南加賀土木総合事務所
諸元橋長:23.9m
支間:23.1m
幅員:12.764m - 13.927m
形式プレテンション方式波形鋼板ウェブPCT桁橋

曽宇川橋は、南加賀道路の石川県加賀市曽宇町に位置する、プレテンション方式単純波形鋼板ウェブ PCT 桁橋です。
本橋の特徴は、従来のプレテンション方式 PCT 桁のウェブを波形鋼板に置き換えることで、主桁自重の軽量化を図り、死荷重のフランジ幅を拡張することを可能とした構造にあります。その結果、主桁軽減、および運搬上の制約となる主桁重量を増加させることなく、上本数の減少とともに、支承・落橋防止装置の数量低減を図ることができます。その結果、従来のプレテンション方式 PCT 桁に比べ、上部工工費で約6%のコスト縮減を実現する事ができました。また、上部工死荷重反力で、約 20%程度の重量軽減が可能となり、下部工への負担の低減も可能となりました。

  • 概要曽宇川橋は、南加賀道路の石川県加賀市曽宇町に位置する、プレテンション方式単純波形鋼板ウェブPCT桁橋です。<br/>本橋の特徴は、従来のプレテンション方式PCT桁のウェブを波形鋼板に置き換えることで、主桁自重の軽量化を図り、死荷重のフランジ幅を拡張することを可能とした構造にあります。その結果、主桁軽減、および運搬上の制約となる主桁重量を増加させることなく、上本数の減少とともに、支承・落橋防止装置の数量低減を図ることができます。その結果、従来のプレテンション方式PCT桁に比べ、上部工工費で約6%のコスト縮減を実現する事ができました。また、上部工死荷重反力で、約20%程度の重量軽減が可能となり、下部工への負担の低減も可能となりました。
  • 特徴

その他の実績

本文のおわりです


  • 個人情報保護方針
  • サイトのご利用にあたって