ページの先頭です
ヘッダーのはじまりです
  • ENGLISH
  • お知らせ一覧
  • サイトマップ
  • 文字サイズ「小」
  • 文字サイズ「中」
  • 文字サイズ「大」


本文のはじまりです

実績紹介:受賞作品集

  • 一覧へ戻る
  • お問い合わせ

第三京浜道路 野川高架橋(補強工事)

受賞
2014年
PC工学会賞2014年<br />PC工学会賞
施工場所神奈川県川崎市
竣工2013年(改築)
1965年(建設時)
発注者東日本高速道路株式会社 関東支社
諸元橋長:270.0m
支間:26.4 + 32.0 + 2@27.0 + 37.0 + 3@30.0 + 29.4m
幅員:14.05m [有効幅員]
形式PC4径間連続箱桁+PC単純T桁+PC4径間連続箱桁

野川高架橋は、第三京浜道路の京浜川崎IC?都築IC間に位置し、昭和40年に供用開始された橋長270mの4径間連続PC箱桁+単純PCT桁(吊桁)+4径間連続PC箱桁(上下線2橋)です。中央径間にゲルバーヒンジを有しています。
本工事では、B活荷重への対応、ゲルバー部の走行性・耐震性向上のためのゲルバーヒンジ部の連続化および主桁補強を行いました。また、損傷した支承の交換、変位制限構造および落橋防止構造の設置、コンクリートはく落防止対策工なども行っています。工事は交通を供用しながら実施しました。

  • 概要<div>野川高架橋は、第三京浜道路の京浜川崎IC?都築IC間に位置し、昭和40年に供用開始された橋長270mの4径間連続PC箱桁+単純PCT桁(吊桁)+4径間連続PC箱桁(上下線2橋)です。中央径間にゲルバーヒンジを有しています。</div><div>本工事では、B活荷重への対応、ゲルバー部の走行性・耐震性向上のためのゲルバーヒンジ部の連続化および主桁補強を行いました。また、損傷した支承の交換、変位制限構造および落橋防止構造の設置、コンクリートはく落防止対策工なども行っています。工事は交通を供用しながら実施しました。</div>
  • 特徴

その他の実績

本文のおわりです


  • 個人情報保護方針
  • サイトのご利用にあたって