ページの先頭です
ヘッダーのはじまりです
  • ENGLISH
  • お知らせ一覧
  • サイトマップ
  • 文字サイズ「小」
  • 文字サイズ「中」
  • 文字サイズ「大」


本文のはじまりです

実績紹介:受賞作品集

  • 一覧へ戻る
  • お問い合わせ

中国自動車道 道谷第二橋(半断面床版取替工法)

受賞
2017年
PC工学会賞2017年<br />PC工学会賞
施工場所山口県周南市ー山口市
竣工2017年(改築)
1979年(建設時)
発注者西日本高速道路株式会社 中国支社
諸元橋長:115.012m
支間:38.000 + 38.002 + 38.000m
幅員:8.838+9.953m [有効幅員]
形式鋼3径間連続非合成鈑桁橋

道谷第二橋は、中国自動車道の徳地IC-鹿野IC間に位置する橋長115mの鋼3径間連続非合成鈑桁橋です。本橋は供用開始から36年が経過した橋梁であり、塩害等により既設RC床版に著しい劣化が生じていたため、床版をプレキャストPC床版に取り替える工事を実施しました。

本橋のように上下線分離構造の場合、従来の全面通行止め(対面通行規制)による床版取替工事では交通規制範囲が広範囲になります。また、施工個所がSA・PAに隣接している場合、車両の流入・流出が困難となります。本工事で採用された半断面床版取替工法は、これらの課題を解決すべく開発された工法で、片車線規制による床版取替を実現しました。

  • 概要道谷第二橋は、中国自動車道の徳地IC-鹿野IC間に位置する橋長115mの鋼3径間連続非合成鈑桁橋です。本橋は供用開始から36年が経過した橋梁であり、塩害等により既設RC床版に著しい劣化が生じていたため、床版をプレキャストPC床版に取り替える工事を実施しました。<br/><br/>本橋のように上下線分離構造の場合、従来の全面通行止め(対面通行規制)による床版取替工事では交通規制範囲が広範囲になります。また、施工個所がSA・PAに隣接している場合、車両の流入・流出が困難となります。本工事で採用された半断面床版取替工法は、これらの課題を解決すべく開発された工法で、片車線規制による床版取替を実現しました。
  • 特徴

その他の実績

本文のおわりです


  • 個人情報保護方針
  • サイトのご利用にあたって