ページの先頭です
ヘッダーのはじまりです
  • ENGLISH
  • お知らせ一覧
  • サイトマップ
  • 文字サイズ「小」
  • 文字サイズ「中」
  • 文字サイズ「大」


本文のはじまりです

実績紹介:受賞作品集

  • 一覧へ戻る
  • お問い合わせ

新名神 鈴鹿高架橋

受賞
2018年
PC工学会賞2018年<br />PC工学会賞
施工場所三重県鈴鹿市
竣工2019年
発注者中日本高速道路株式会社 名古屋支社
諸元橋長:上り線 1754m(681.0 + 546.0 + 527.0m)
   下り線 1757m(681.0 + 546.0 + 530.0m)
支間:[東橋梁15径間] 上下線 42.75 + 44.0 + 8@46.0 +4@45.0 + 44.0m
   [中橋梁12径間] 上下線 44.0 + 6@45.0 + 59.0 +3@43.0 + 42.0m
   [西橋梁12径間] 上り線 42.0 + 3@43.0 + 6@44.0 + 51.0 + 38.
形式PC(15+12+12)径間連続箱桁橋(プレキャストセグメント工法)

鈴鹿高架橋は、新名神高速道路のうち菰野IC-亀山西JCT間の三重県鈴鹿市に位置する橋長約1.75kmのPC15+12+12径間連続箱桁橋です。本橋は、鈴鹿PAの建設予定地に隣接しており、大規模な主桁製作ヤードやストックヤードの確保が可能であることから、経済性、工期短縮、架設時の振動・騒音など周辺環境に対する影響の低減を考慮して、ショートラインマッチキャスト方式によるプレキャストセグメント工法を採用しました。架設は、大型架設機を使用してスパンバイスパン工法により行いました。

  • 概要鈴鹿高架橋は、新名神高速道路のうち菰野IC-亀山西JCT間の三重県鈴鹿市に位置する橋長約1.75kmのPC15+12+12径間連続箱桁橋です。本橋は、鈴鹿PAの建設予定地に隣接しており、大規模な主桁製作ヤードやストックヤードの確保が可能であることから、経済性、工期短縮、架設時の振動・騒音など周辺環境に対する影響の低減を考慮して、ショートラインマッチキャスト方式によるプレキャストセグメント工法を採用しました。架設は、大型架設機を使用してスパンバイスパン工法により行いました。
  • 特徴

その他の実績

本文のおわりです


  • 個人情報保護方針
  • サイトのご利用にあたって