ページの先頭です
ヘッダーのはじまりです
  • ENGLISH
  • お知らせ一覧
  • サイトマップ
  • 文字サイズ「小」
  • 文字サイズ「中」
  • 文字サイズ「大」


本文のはじまりです

実績紹介:文化施設

  • 一覧へ戻る
  • お問い合わせ

国立劇場おきなわ(PC躯体工事)

竣工年2002年
所在地沖縄県浦添市
設計高松伸建築設計事務所
工事概要構造:プレキャストPC造
延床面積:14,591m2
規模:地上3階、地下1階

「国立劇場おきなわ」は、国内では6番目の国立劇場で、重要無形文化財「組踊」を中心とする沖縄伝統芸能の保存と振興を目的として計画されました。那覇空港に隣接する区域のため、特に塩害に対する高い耐久性の構造体が要求され、劇場としての大空間のロビー・客席・舞台の屋根を支えうること、特徴的な意匠の外壁デザインを実現するため当社のPCaPCが採用されました。Pca外壁板は白い斜交格子が連続する美しい造形でPCaPCが構造部材のみならず、意匠部材として採用され、新たな可能性が開かれました。

  • 概要「国立劇場おきなわ」は、国内では6番目の国立劇場で、重要無形文化財「組踊」を中心とする沖縄伝統芸能の保存と振興を目的として計画されました。那覇空港に隣接する区域のため、特に塩害に対する高い耐久性の構造体が要求され、劇場としての大空間のロビー・客席・舞台の屋根を支えうること、特徴的な意匠の外壁デザインを実現するため当社のPCaPCが採用されました。Pca外壁板は白い斜交格子が連続する美しい造形でPCaPCが構造部材のみならず、意匠部材として採用され、新たな可能性が開かれました。
  • 特徴

その他の実績

本文のおわりです


  • 個人情報保護方針
  • サイトのご利用にあたって