ページの先頭です
ヘッダーのはじまりです
  • ENGLISH
  • お知らせ一覧
  • サイトマップ
  • 文字サイズ「小」
  • 文字サイズ「中」
  • 文字サイズ「大」


本文のはじまりです

実績紹介:道路

  • 一覧へ戻る
  • お問い合わせ

近江大鳥橋

施工場所滋賀県栗東市 - 甲賀市
竣工2006年
発注者西日本高速道路株式会社 関西支社
諸元橋長:
 495.0 m(上り線)
 555.0 m(下り線)
支間:
 138.0 m+170.0 m+115.0 m+ 68.0 m(上り線)
 153.0 m+160.0 m+75.0 m+ 90.0 m+73.0 m(下り線)
幅員:
 16.50 m
掲載文献等PCシンポジウム論文集 第12回 2003
PCシンポジウム論文集 第13回 2004
橋梁と基礎 Vol.37 No.12 2003
橋梁と基礎 Vol.38 No.8 2004
橋梁と基礎 Vol.38 No.10 2004
形式波形鋼板ウェブPCエクストラドーズド橋

近江大鳥橋は、琵琶湖の南端から東南東に約10km、第二名神高速道路の大津JCTと信楽ICの中間付近に位置する橋梁です。
本橋は、波形鋼板ウェブとエクストラド−ズド橋という二つの新しい技術が組み合わされた構造上の特徴を有しています。主桁断面は波形鋼板ウェブ橋としては世界初の3室箱桁断面です。斜材定着部として、主桁側には軽量化のために鋼製ダイヤフラムが、独立2本柱式の主塔側には定着スペースの小規模化とメンテナンス性の確保のために鋼殻構造が採用されました。
主桁は張出し工法により施工されました。閉合距離が30mとなる側径間閉合部は、工程短縮と工費縮減のために、先行一括架設した波形鋼板ウェブを支保工として活用する工法が用いられました。
景観設計では、本橋は県立自然公園内に位置することから、周辺環境との融合が求められました。そこで、鶴が翼を広げて飛翔する姿をモチーフとした形状と、周囲の風化花崗岩の色調にマッチする薄茶系の着色コンクリートが採用されています。

  • 概要近江大鳥橋は、琵琶湖の南端から東南東に約10km、第二名神高速道路の大津JCTと信楽ICの中間付近に位置する橋梁です。<br/>本橋は、波形鋼板ウェブとエクストラド−ズド橋という二つの新しい技術が組み合わされた構造上の特徴を有しています。主桁断面は波形鋼板ウェブ橋としては世界初の3室箱桁断面です。斜材定着部として、主桁側には軽量化のために鋼製ダイヤフラムが、独立2本柱式の主塔側には定着スペースの小規模化とメンテナンス性の確保のために鋼殻構造が採用されました。<br/>主桁は張出し工法により施工されました。閉合距離が30mとなる側径間閉合部は、工程短縮と工費縮減のために、先行一括架設した波形鋼板ウェブを支保工として活用する工法が用いられました。<br/>景観設計では、本橋は県立自然公園内に位置することから、周辺環境との融合が求められました。そこで、鶴が翼を広げて飛翔する姿をモチーフとした形状と、周囲の風化花崗岩の色調にマッチする薄茶系の着色コンクリートが採用されています。
  • 特徴

その他の実績

本文のおわりです


  • 個人情報保護方針
  • サイトのご利用にあたって