ページの先頭です
ヘッダーのはじまりです
  • ENGLISH
  • お知らせ一覧
  • サイトマップ
  • 文字サイズ「小」
  • 文字サイズ「中」
  • 文字サイズ「大」


本文のはじまりです

実績紹介:道路

  • 一覧へ戻る
  • お問い合わせ

第二名神 杉谷川橋(下り線)

施工場所滋賀県甲賀市
竣工2007年
発注者西日本高速道路株式会社 関西支社
諸元橋長:445.39 m
支間:49.09 m+3@79.0 m+94.0 m+63.55 m
幅員:11.46 m
掲載文献等
形式PC6径間連続ラーメン波形鋼板ウェブ箱桁橋

杉谷川橋(下り線)は、新名神高速道路として滋賀県甲賀市に建設されたPC6径間の連続ラーメン波形鋼板ウェブ箱桁橋です。
施工中の安全性と耐久性の向上のために、波形鋼板の上・下鋼フランジは添接板とボルトにより連続化され、下床版の下面にはプレキャストPC埋設型枠が採用されました。また新しい架設機械の導入により3ブロックの同時施工を可能とし、工期の大幅な短縮を可能としました。さらに、新しいプレートジベルによる波形鋼板と下床版コンクリートの接合構造の採用により、維持管理性を向上させています。

  • 概要杉谷川橋(下り線)は、新名神高速道路として滋賀県甲賀市に建設されたPC6径間の連続ラーメン波形鋼板ウェブ箱桁橋です。<br/>施工中の安全性と耐久性の向上のために、波形鋼板の上・下鋼フランジは添接板とボルトにより連続化され、下床版の下面にはプレキャストPC埋設型枠が採用されました。また新しい架設機械の導入により3ブロックの同時施工を可能とし、工期の大幅な短縮を可能としました。さらに、新しいプレートジベルによる波形鋼板と下床版コンクリートの接合構造の採用により、維持管理性を向上させています。
  • 特徴

その他の実績

本文のおわりです


  • 個人情報保護方針
  • サイトのご利用にあたって