ページの先頭です
ヘッダーのはじまりです
  • ENGLISH
  • お知らせ一覧
  • サイトマップ
  • 文字サイズ「小」
  • 文字サイズ「中」
  • 文字サイズ「大」


本文のはじまりです

実績紹介:道路

  • 一覧へ戻る
  • お問い合わせ

中新田高架橋

施工場所神奈川県海老名市中新田
竣工2009年
発注者中日本高速道路株式会社 東京支社
諸元橋長:
上り線 958m 下り線 991m
支間:
第2高架橋 9@40.0m
第3高架橋 8@41.0m+2@32.5m+2@30.5m+43.0m+2@34.0m+2@33.0m
幅員:
11.400m - 21.050m
掲載文献等
形式PC9径間連続プレテンションウェブ箱桁橋
PC17径間連続プレテンションウェブ箱

中新田高架橋は、省力化および工期短縮を目的として、プレテンションウェブ部材が積極的かつ大規模に採用された橋梁です。使用したプレテンションウェブ部材は約4 000枚であり、これらは工場でロングライン方式により製作されました。本橋は、固定支保工で施工されるプレテンションウェブ橋として国内初となります。そのため、本橋の施工のために、製作・建設面においても新たな技術開発が行われました。

  • 概要中新田高架橋は、省力化および工期短縮を目的として、プレテンションウェブ部材が積極的かつ大規模に採用された橋梁です。使用したプレテンションウェブ部材は約4000枚であり、これらは工場でロングライン方式により製作されました。本橋は、固定支保工で施工されるプレテンションウェブ橋として国内初となります。そのため、本橋の施工のために、製作・建設面においても新たな技術開発が行われました。
  • 特徴

その他の実績

本文のおわりです


  • 個人情報保護方針
  • サイトのご利用にあたって