ページの先頭です
ヘッダーのはじまりです
  • ENGLISH
  • お知らせ一覧
  • サイトマップ
  • 文字サイズ「小」
  • 文字サイズ「中」
  • 文字サイズ「大」


本文のはじまりです

実績紹介:エネルギー関連

  • 一覧へ戻る
  • お問い合わせ

日本原子力発電敦賀発電所2号機原子炉格納容器

施工場所福井県敦賀市
竣工1987年2月営業運転開始
発注者日本原子力発電株式会社
諸元原子炉型式:加圧水型軽水炉(PWR)
発電出力:116万kW
格納容器形状:半球ドーム型
内径:43.0m 内高:64.5m
円筒部壁圧:1.5m ドーム部壁圧:1.1m
バットレス(控え壁)数:3
形式プレストレストコンクリート製原子炉格納容器

わが国最初のプレストレストコンクリート製原子炉格納容器(格納容器のコンクリート壁内部にPC綱材の束(テンドン)を入れて、あらかじめ格納容器全体を締め付けておき、事故時に発生する大きな圧力に耐える方式の原子炉格納容器)を採用し、以降建設された同型格納容器の標準となった。定着工法にBBRボタンヘッド定着(φ7-163本)を採用。

  • 概要わが国最初のプレストレストコンクリート製原子炉格納容器(格納容器のコンクリート壁内部にPC綱材の束(テンドン)を入れて、あらかじめ格納容器全体を締め付けておき、事故時に発生する大きな圧力に耐える方式の原子炉格納容器)を採用し、以降建設された同型格納容器の標準となった。定着工法にBBRボタンヘッド定着(φ7-163本)を採用。
  • 特徴

その他の実績

本文のおわりです


  • 個人情報保護方針
  • サイトのご利用にあたって