ページの先頭です
ヘッダーのはじまりです
  • ENGLISH
  • お知らせ一覧
  • サイトマップ
  • 文字サイズ「小」
  • 文字サイズ「中」
  • 文字サイズ「大」


本文のはじまりです

実績紹介:鉄道

  • 一覧へ戻る
  • お問い合わせ

姫川橋りょう

施工場所新潟県糸魚川市
竣工2007年
発注者(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構
鉄道建設本部北陸新幹線第二建設局
諸元橋長:462.0 m
支間:57.0 m+69.0 m+3@70.0 m+69.0 m+57.0 m
幅員:13.3 m(総幅員)
掲載文献等
形式7径間連続PCフィンバック橋

北陸新幹線の姫川橋りょうは、新幹線では初めての採用となるPCフィンバック橋です。
全長が462mの7径間の連続PCフィンバック型式により形作られる本橋の外観は、隣接する高架橋との連続性を有し、背景の山並みに溶け込むなど周囲の景観に調和し、北陸新幹線長野-金沢間のシンボルとなっています。
PCフィンバック型式を新幹線のための大断面を有する桁として施工するため、実物大の模型試験を用いた施工性の確認が行われました。また、海岸線に近いことから、塩害対策として橋梁の全周に防水塗装が施されました。

  • 概要北陸新幹線の姫川橋りょうは、新幹線では初めての採用となるPCフィンバック橋です。<br/>全長が462mの7径間の連続PCフィンバック型式により形作られる本橋の外観は、隣接する高架橋との連続性を有し、背景の山並みに溶け込むなど周囲の景観に調和し、北陸新幹線長野-金沢間のシンボルとなっています。<br/>PCフィンバック型式を新幹線のための大断面を有する桁として施工するため、実物大の模型試験を用いた施工性の確認が行われました。また、海岸線に近いことから、塩害対策として橋梁の全周に防水塗装が施されました。
  • 特徴

その他の実績

本文のおわりです


  • 個人情報保護方針
  • サイトのご利用にあたって