コンプライアンス

ピーエス三菱はこれまで「経営理念」の実現に向け、「行動指針」の遵守、実践による企業倫理の確立に取り組んできました。
2007年度よりCSR体制が整備されましたが、コンプライスの徹底についてはこれまでと変わらず、CSRを支える基盤・根幹と位置づけ活動を展開しております。

法令の遵守・社会規範の尊重

当社はコンプライアンスの基本を「行動指針」でうたっております通り、以下の法令をはじめとしてすべての法令を遵守いたします。また、日常行動においていやしくも社会常識からかい離しないように心がけます。

主な関係法令等
  • 建設業法
  • 独占禁止法
  • 暴力団対策法、暴力団排除条例
  • 政治資金規正法、公職選挙法

社内ヘルプラインの構築

当社が抱えるリスクにおいてコンプライアンスに抵触する問題が潜在化している虞があることから問題の早期解決を目的とし、ヘルプラインである「CSRなんでも相談室」を設置しております。
通報者が不利益な状況とならないよう保護した上で、調査及びその検証を行います。ピーエス三菱の自浄機能が有効に働くようにCSR委員会が然るべき対応を検討しております。

内部通報制度
内部通報制度

各種研修会

コンプライアンスを徹底するためには従業員一人ひとりの倫理観が重要となってきます。建設業は職種が多岐にわたることから幅広い研修を企画し、一人でも多くの役職員が受講できるよう社内のテレビ会議システムを用いて全国に配信しております。
また、当社並びに当社グループ会社のすべての役職員にe-ラーニングを実施し、法令遵守の意識向上に努めております。

上期
  • 営業担当者向けコンプライアンス研修会
  • 役員向けコンプライアンス研修会
下期
  • コンプライアンス研修会
  • 人権研修会